ちょっとしたコツで買取価格がアップするスマホ

暮らしの中で要らなくなった物は処分しなければいけません。たとえ小さな製品だったとしても、不用品が自室の中にあると、その保管に使うスペースが無駄になります。パソコンや携帯型ゲーム機やタブレット、そして国民的な端末となったスマートフォン、これらの製品は中古でも良い値段で売却する事が出来ます。普通の家電製品や家具だと、なかなか良い価格で売却する事は出来ず、リサイクル費用を別途支払って、ゴミとして回収してもらう必要に迫られます。一方でスマホは使用感がある中古状態でも、良い価格で査定と買取をしてもらえますから、多少手間が掛かったとしても、ゴミとして廃棄するのではなく、リサイクルショップや専門店に相談して売却しましょう。ガラパゴス携帯は高値売却が厳しいですが、世間で主流となっている大人気スマホであれば、その心配は無用です。

まずは査定をしてくれるお店選びが大事です

不要スマホを高値買取してもらうためには、ちょっとしたコツが必要です。まずはインターネット検索を駆使して、高値で査定してくれるお店を調べてみましょう。同じメーカーの製品でも、実は査定を進めるお店によって、買取の価格はかなり変わってきます。最新版の機種だったとしても、査定するお店のさじ加減ひとつで最終的な査定額は変わるため、ネット検索でお店の公式サイトを複数チェックしておきましょう。大抵のお店は分かりやすい査定額の一覧表などを公式サイトにアップロードしています。自分の手元にある不要品の品番とお店が掲載する表を比較しましょう。同じメーカーの製品でも世代や本体の容量、そしてコンディションによって値段は変わりますので、要注意です。また専門店によっては特定ブランドの不要品をより一層の高値で査定してくれますので、人気がある製品は買取価格を優遇してくれるお店に売りましょう。

消せる汚れは事前にユーザー側で対応しておく事

また宅配便による査定、店頭持ち込みによる査定にしろ、気をつけたいポイントがあります。第一に端末に付属した色々なアイテムを全て揃えておく事です。付属品があればある分、査定額は上がっていきます。反対に箱やケーブル類が不足すると、減額されますので、とにかく付属品は部屋をひっくり返しても探しておきたいところです。また第二のコツですが、査定に出す前に、再度端末の様子を確認しておきましょう。端末に指紋や鉛筆の汚れ等がありますと、それが原因で査定額が下がってしまいます。傷や落とせない汚れ等は諦めるしかありませんが、綺麗な布や消しゴムで落ちる汚れであれば、査定申し込みの前にしっかりとユーザー側でお手入れをしておきましょう。その対応で査定額が大幅に変動します。